REIWA HACK-フィットエネス×ビジネスで豊かな人生を- フィットネス×ビジネスで「自分が大好きな自分」になろう

  • 公式twitter
  • 公式Facebook

ヨガとストレッチの違いをカラダと精神面に与える効果から解説

ヨガとストレッチの違いがわからずに悩んでいませんか?どちらもカラダを伸ばす動きが多いので、同じように見えますよね。そのような方のために、本記事ではヨガとストレッチの違いを解説します。目的によって、どちらを選択したほうが良いかが決まりますので、ヨガとストレッチのどちらをするかを迷っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ヨガとストレッチの違いとは?

ヨガとストレッチの違い

早速、ヨガとストレッチの違いについて解説していきます。両者は身体面と精神面の両面で異なりますので、それぞれ分けて解説しますね。

1-1.身体面

どちらも関節の可動域を広げて、身体の柔軟性を向上させるという点では一緒です。

ストレッチはカラダへの効果に、よりフォーカスした動きが多いです。関節の可動域を広く使って、固まった筋肉をほぐすことが主な目的です。

一方でヨガは、有酸素運動の効果もあります。ヨガを継続することでダイエットや美容効果なども期待できます。また、筋トレの効果もあり、インナーマッスルを中心に筋肉を鍛えることができます。大きな筋肉を作るというよりはしなやかな健康的な肉体作りに適しているため、女性には特におすすめです。

1-2.精神面

ヨガには、精神面の安定やリラックス効果を期待できます。一方で、ストレッチには精神面への効果はあまり見込めません。ストレッチで身体の調子が良くなる可能性が高いため、ストレッチでも一定の効果は見込めるかもしれませんが、そもそもストレッチには精神面への効果は考慮されていません。ストレッチは、スポーツの前にケガを防ぐことが目的ですることが多く、あくまでカラダにフォーカスした行為です。

一方でヨガは、心身を鍛錬し精神修行のために受け継がれてきたものです。ポーズによって得られる身体的なメリットよりも、精神面にアプローチして自分自身と向き合うことで平穏なココロを得ることを目的としています。ヨガのポーズは、「動く瞑想」とも言われます。様々なポーズをする際に呼吸や自分自身のカラダに意識を集中することが瞑想状態になり、精神面へのメリットがあります。ヨガをすれば、精神面に計り知れないメリットがあります。詳細は、「「ヨガは効果がない」はウソ!人生を豊かにする驚くべき精神面へのメリット」の記事で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

2.ヨガとストレッチ、どちらがお勧め??

ヨガとストレッチのどちらがおすすめ?

ここからは、ヨガとストレッチのどちらをするべきかを解説します。目的によって、どちらをするべきかが変わりますので、目的別でご紹介しますね。

2-1.ヨガをおすすめしたい人

ヨガをおすすめしたい人

まずは、ヨガをお勧めしたい人をご紹介します。

2-1-1.精神面も鍛えたい人

1-2.精神面の項でご説明したように、ヨガは精神面も鍛えられるため、精神面を鍛えたい人にはヨガをおすすめします。

ヨガをして自分を見つめ直すことで、メンタルの強化を期待できます。自分を深く知ることで、安定したメンタルが手に入ります。

さらに、ヨガの呼吸法を学べば、感情のコントロールも上手くなれます。怒りの感情があるときは息をたくさん吸っているため、意識的に息を吐く必要があります。また、不安や緊張を感じるときは、息が浅いため深く呼吸をする必要があります。このように呼吸とメンタルは連動しているのです。ヨガの呼吸法を常に心がけていれば、呼吸が安定し、メンタルも自ずと安定し、鍛えられますよ。

2-1-2.リラックス効果を得たい人

リラックス効果を得たい人にもヨガをおすすめします。

ヨガのリズミカルな呼吸法は、副交感神経を優位にし、リラックス効果を期待できます。ストレスフルな毎日を過ごしている人は、ぜひヨガを継続してみてください。穏やかな毎日が手に入りますよ。

2-1-3.体幹を鍛えたい人

体幹を鍛えたい人にもヨガをおすすめします。

ヨガのポーズは、体幹を鍛えるものが多いです。体幹を鍛えられれば、姿勢が良くなり、様々なメリットがあります。良い姿勢で生活をすれば、日々の生活が疲れにくくなったり、気持ちも自然とポジティブになったりします。さらに、見た目もカッコいいですよね。

ストレッチには、筋肉を鍛える効果はありませんので、体幹を鍛えたい人はぜひヨガを実践してみてくださいね。

2-2.ストレッチをおすすめしたい人

ストレッチをおすすめしたい人

次に、ストレッチをお勧めしたい人をご紹介します。

2-2-1. 効率よく体の柔軟性を高めたい人

効率よく体の柔軟性を高めたい人にはストレッチがおすすめです。ストレッチは、カラダだけにフォーカスしているため、効率よくカラダの柔軟性を高められます。ストレッチは、アメリカのスポーツ科学の論文中で発表されただけあって、効率性が重視されています。部位別に柔軟性を高めたいストレッチが確立されているため、柔軟性を高めたい部位に適したストレッチをしましょうね。

2-2-2.スポーツ前にケガを防止したい人

スポーツ前のケガを防止する目的でもストレッチをおすすめします。本格的なスポーツをする前にはストレッチをすることでケガを防止できます。もともとストレッチは、スポーツ科学の論文中で使われ始めたため、スポーツとの親和性は非常に高いです。スポーツのパフォーマンスを上げるためにも、ストレッチは有効ともいわれています。スポーツの前には、短時間でケガを防止できるストレッチがおすすめです。

3.ヨガを始めるなら、オンラインヨガのSOELU

オンラインヨガSOELU
出典:SOELU

ヨガを始めるなら、オンラインヨガがおすすめです。オンラインヨガで有名なSOELUなら、月1,000円の格安でヨガを始められます。プロのヨガインストラクターから、いつでもどこでも気軽にヨガが始められますので、筆者イチオシです。

筆者も実際にオンラインヨガを体験しました。SOELUの無料体験記事を「SOELU(ソエル)のオンラインヨガを実際に体験してみた【キャンペーンコードgqg8p】」にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。手軽で良かったですよ。

SOELUの無料体験予約はコチラ

まとめ

ヨガとストレッチの違いを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?目的によってどちらをすべきかは異なります。特に、精神面を鍛錬することを目的としている人は、必ずヨガをしましょう。ヨガは、心身共に大きなメリットがあります。ヨガの幸せ効果で、楽しく健康的な毎日が送れるようになるので、ヨガはおすすめですよ。